スタパ齋藤の猫ラボ Vol.71

もう一匹のエリアに侵入するもハミ出す猫

[2017/2/15 06:01 | スタパ齋藤]

猫との暮らしに役立つアイテムをアレコレ試したり、写真の撮り方を研究したり、日々の猫たちの行動を観察したり……。この連載では、スタパ齋藤が「飼い主目線」で、猫にも飼い主にとってもうれしいこと、猫とのシアワセな暮らしなどを研究していきます。

先日、拙宅仕事場には窓際&直射日光当たりまくりのホカホカの場所があると書きましたが、ソコには拙宅猫「うか」が多用するエリアがあります。「とろ」も来ますが、雰囲気的にはナゼか「うか」専用エリアっぽくなっています。「とろ」はちょっと立ち寄る程度という感じです。

でしたが、近年、微妙にそうでもなくなってきているようです。その場所に「とろ」がよく来ますし、その近くで頻繁に昼寝していたりしますし。まあ、よくある「猫の気まぐれな自分専用エリアの変化」かもしれません。

ただ、軽く驚いたのが、最近は「うか」専用と思われた寝床に、「とろ」が侵入しがちなこと。「うか」の寝床は狭い(というか普通サイズ)なので、「とろ」が入るとハミ出しちゃうんですが、それでも侵入。ナゼなんでしょうね~? 謎です。ともあれ、その現場写真をご覧ください。

ここが「うか」専用……と思われていたエリア。遊具あり、二段寝床(右下)あり。中央上がもっとも暖かい寝床です
冬場はこの「もっとも暖かい寝床」でよく過ごしている「うか」
気持ち良すぎるのか、グネグネすることしきり
そんな「うか」専用的な寝床に、「とろ」が進入!
このように、「とろ」だとハミ出しちゃうんでした
何となく満足げな表情……かもしれません
寝るとこんな感じ。顔が完全にハミ出しちゃいます
でも……なんかホントに寝ちゃう感じ?
あら寝ちゃいました~。寝息を立てております~
顔は……そのまま出てていいんですか? はい、ではごゆっくり♪
[スタパ齋藤]