スタパ齋藤の猫ラボ Vol.57

猫の排泄物専用の便利なゴミ箱

[2016/12/2 06:00 | スタパ齋藤]

猫との暮らしに役立つアイテムをアレコレ試したり、写真の撮り方を研究したり、日々の猫たちの行動を観察したり……。この連載では、スタパ齋藤が「飼い主目線」で、猫にも飼い主にとってもうれしいこと、猫とのシアワセな暮らしなどを研究していきます。

仕事場にも猫排泄物用のゴミ箱が欲しいと思い、イロイロと探してみた結果、ちょっとよさそうな製品を見つけました。「Litter Locker II (リッターロッカー2)」(公式製品情報ページはコチラ)という製品です。ゴミ箱内に専用のゴミ袋を使うことで、猫の排泄物のニオイを漏らさないというものです。

使い方は、専用の袋(カートリッジ)をセットし、フタを開いて排泄物を捨て、ハンドルを引く程度。排泄物がある程度たまったら、まとめて廃棄すればOKです。専用袋のカートリッジが消耗品となり、ランニングコストがかかりますが、2カ月程度保つそうです。

ともあれ以下に、実際に使ってみた様子を写真でご紹介したいと思います。なお、使用感的な結論ですが、専用カートリッジがやや高価だと感じられるものの、悪臭漏れ防止効果も、ゴミ箱としての手軽さもかなり好印象。現在すでに2カ月使用中で、たいへん気に入っております♪

これが「Litter Locker II (リッターロッカー2)」です。幅20×奥行21×高さ41cm。実勢価格は2000円弱です
スコップとスコップホルダー付き。スコップホルダーは本体の左右どちらにでも装着できます
唯一の消耗品となる専用カートリッジ(ゴミ袋)。ニオイを漏らさない素材でつくられています。実勢価格は1個1000円前後。約2カ月程度使えるとあります
中身はこんな感じで筒状になっています。片端を縛れば袋状態になりますので、そうしてゴミ箱内にセットします
カートリッジはゴミ箱上部にセットします。あとは必要に応じて袋を引き出します
使用時はこんな感じ。この穴に排泄物を捨てます
捨てた排泄物はゴミ箱下部に下がった「袋」にたまっていきます
仕事場の猫トイレ横に置きました。すでに2カ月使っていますが、とても使いやすく防臭効果が高いゴミ箱です
猫の排泄物を捨てた様子
排泄物を捨てたら、続いて中央のハンドルを手前に引きます
すると排泄物が下に落ちつつ、ゴミ袋上部が軽く閉じられ、悪臭が漏れません
排泄物はゴミ箱下部に、こんなふうにたまります。袋は防臭素材なので、この状態で「臭ってくる」ということはありません
ある程度たまったら排泄物をゴミ袋ごと廃棄します。拙宅仕事場では週に1回程度廃棄しています
廃棄手順は、まずゴミ袋上部を内蔵カッターで切断します
手前側が排泄物が入った部分、奥側がこれからゴミ袋になる部分で
カットした切り口をそれぞれ結びます。すると手前が廃棄するゴミ袋、奥がこれから使うゴミ袋(の底部)になります
たまった排泄物は自治体のルールに従って廃棄します
奥側のゴミ袋を、ゴミ箱下部の長さ程度引き出せば、引き続きニオイが漏れないゴミ箱として使えます
[スタパ齋藤]