スタパ齋藤の猫ラボ Vol.63

猫愛が感じられまくり! 2016年にサイコーによかった絵本がコレ

[2017/1/6 06:00 | スタパ齋藤]

猫との暮らしに役立つアイテムをアレコレ試したり、写真の撮り方を研究したり、日々の猫たちの行動を観察したり……。この連載では、スタパ齋藤が「飼い主目線」で、猫にも飼い主にとってもうれしいこと、猫とのシアワセな暮らしなどを研究していきます。

あけましておめでとうございます! ということで、今年の年賀状画像をちょいと。最近は少々の年賀メールを送る程度で、紙の年賀状は全然送らなくなっちゃってる不義理なワタクシですが、今年もよろしくお願いいたします!

でもソレだけだとナンなので、去年サイコーによかった絵本を一冊ご紹介。「ネコヅメのよる」(町田尚子 著)という、大人も子どもも楽しめるっぽい絵本ですが、とりわけ絵がイイんですよ~コレ。最高です。猫愛が感じられまくりです。

こういう絵が描けたらいいなあ、とか思います。そんな思いと、それから猫の描写がステキなので、何度も読み返してしまう絵本です。ご興味あらば、ぜひどうぞ♪

あけましておめでとうございます! 2017年の「うか」「とろ」年賀状パート1
こちらは年賀状パート2。こっちをジッと見てますっ!
2016年のワタクシ内ベスト絵本の「ネコヅメのよる」(町田尚子 著)
もちろん「絵」です。素晴らしい!
著者の飼い猫がモデルのようです。味わい深い空間描写
丁寧に描かれた「猫の生活の場」がとても印象的です
そしてやはり「巧い!」です。とてもよい絵だと感じました
手元に置いて何度も読み返す絵本となりました
[スタパ齋藤]