スタパ齋藤の猫ラボ Vol.51

お気に入りの空中通路を満喫する猫

[2016/11/2 06:00 | スタパ齋藤]

猫との暮らしに役立つアイテムをアレコレ試したり、写真の撮り方を研究したり、日々の猫たちの行動を観察したり……。この連載では、スタパ齋藤が「飼い主目線」で、猫にも飼い主にとってもうれしいこと、猫とのシアワセな暮らしなどを研究していきます。

拙宅仕事場には、大きめの棚があり、その棚は仕事場を2つの部屋に区切っています。2つの棚がそれぞれ背中合わせになっていて、両面が使えるようになっています。

その棚は、地上高90cmくらいの位置に10cmくらいの幅の段があります。下側が奥行きのある棚、上側がそれより奥行きの狭い棚、という感じです。

その段の部分が、意外なコトに使われています。猫が通路として歩くんです。猫がジャンプして上がれる高さで、猫がちょうど歩ける幅。モノを置かないようにしていると、犬走りならぬ「猫歩き」の空中通路として使われることがあり、ちょっと楽しいんです♪

拙宅仕事場にある「背中合わせで部屋を仕切っている棚」を横から見た様子です
ちょうど猫が乗れる程度の「段」があります
棚の段の向こう側に、拙宅猫「うか」が上がりました
棚の反対端を見ていますが……
歩き始めました♪
こんな感じで歩いていきます
さらに歩きます
端まで歩いて鎮座。特に目的はナシ?
また逆向きに歩いたり……
もう一度その逆向きに歩いたり
この段、「うか」のお気に入りかも、です。しかし「とろ」はめったに上がりません
段の端で寝転んで、顔だけ出したりも♪
[スタパ齋藤]