スタパ齋藤の猫ラボ Vol.45

犬用ベッドでもハミ出しちゃう巨猫「とろ」

[2016/10/5 06:00 | スタパ齋藤]

猫との暮らしに役立つアイテムをアレコレ試したり、写真の撮り方を研究したり、日々の猫たちの行動を観察したり……。この連載では、スタパ齋藤が「飼い主目線」で、猫にも飼い主にとってもうれしいこと、猫とのシアワセな暮らしなどを研究していきます。

よく拙宅猫「とろ」について「巨猫」だと書いていますが、実際かなり大きいんです。体重は7kg前後ありますし、頭から尻尾までの長さは1m近くあります。頭の先から尻尾の付け根までの長さ(頭胴長)は55cmくらい。かなり大きな猫です。

巨猫なので、猫用のアレコレが合いません。主に犬用がフィット。でもナゼか猫用を好む「とろ」だったりします。どういうコト? 写真でその真相をどうそ♪

アメリカンショートヘアに見えるスコティッシュフォールド(オス)の「とろ」。床材1枚の幅は約9cmです。この状態だと、前足の先から後ろ足の先までが、90cm以上あります
「うか」と並んだ様子。合成写真みたいです。「うか」もロシアンブルーのメスとしてはかなり大きいんですが……「とろ」はさらに大きいんですな
猫用のベッドに入った様子。前足がハミ出ちゃいます
お尻と尻尾もハミ出しちゃうんでした
でもこの格好、本人っていうか本猫は気に入っているご様子
ハミ出しながら寝ちゃったりします
ちょっと頑張ってハミ出し部分を引っ込めたご様子
後方のハミ出し部分も引っ込めましたが……窮屈そうです
こちらは犬用のベッド。まずまずゆったり寝られるようです
でも、前足を突き出すとハミ出しちゃうんですな
左に見える丸く口を開いたものは猫用ベッド(大サイズ)で、「とろ」もだいたいスッポリ収まります
でも、どちらかと言えば、ハミ出しがちな小振りのベッドのほうがお好きなようです
そんなわけで本日も、ハミ出しながらも猫用ベッドでゴロゴロと
イイ感じでお腹あたりがフィットしているのかも、ですが、やはり巨猫の「とろ」なのでした
[スタパ齋藤]