スタパ齋藤の猫ラボ Vol.107

仲良しでもなく、険悪でもない。適度な距離でクールに過ごす猫たち

[2017/10/18 6:01 am | スタパ齋藤]

猫との暮らしに役立つアイテムをアレコレ試したり、写真の撮り方を研究したり、日々の猫たちの行動を観察したり……。この連載では、スタパ齋藤が「飼い主目線」で、猫にも飼い主にとってもうれしいこと、猫とのシアワセな暮らしなどを研究していきます。

拙宅猫は完全室内飼い。また、拙宅猫住居スペースには、来客もあまりありません。なので、拙宅猫は「知らない人が来ると非常に怖がる」のです。そして、どこかに隠れちゃいます。

隠れる場所はさまざま。カーテンと棚の隙間だったり、家具の奥だったり、ベッドの下だったり。先日、冷蔵庫の修理の技術者が来ましたが、そのときはちょっと珍しい場所に、珍しい隠れ方をしました。そんな様子を写真でどうぞ♪

いつもは別に過ごしつつ、ときどき同じものに興味を示し、一見では一緒に遊んでいるように見えます。けれど、じつは全然別のことをしていたりします
仲良しツーショット♪ に、見えますが、たまたま2匹が同時にカメラに興味を示したという感じ。2匹が抱き合って猫団子状態! ということはない、拙宅猫たちなんです
「とろ」が床でリラックス
猫足~♪
「あ、あの猫だ」といった感じで、「うか」を発見したもよう
「もう床はいいや、ほかの部屋に行くし」みたいな感じで、「とろ」退散です
そんな様子を凝視している「うか」
キッとした表情で寝床に移動すると……
さらに鋭い目つきになって……
寝ちゃうんでした。なーんだ「とろ」と関係ないのか……
[スタパ齋藤]