スタパ齋藤の猫ラボ Vol.106

珍しい隠れ方をする猫

[2017/10/11 06:01 | スタパ齋藤]

猫との暮らしに役立つアイテムをアレコレ試したり、写真の撮り方を研究したり、日々の猫たちの行動を観察したり……。この連載では、スタパ齋藤が「飼い主目線」で、猫にも飼い主にとってもうれしいこと、猫とのシアワセな暮らしなどを研究していきます。

拙宅猫は完全室内飼い。また、拙宅猫住居スペースには、来客もあまりありません。なので、拙宅猫は「知らない人が来ると非常に怖がる」のです。そして、どこかに隠れちゃいます。

隠れる場所はさまざま。カーテンと棚の隙間だったり、家具の奥だったり、ベッドの下だったり。先日、冷蔵庫の修理の技術者が来ましたが、そのときはちょっと珍しい場所に、珍しい隠れ方をしました。そんな様子を写真でどうぞ♪

拙宅階段の下のスペースには、プラスチックケースが積んであります
こんな感じ
段差の部分に空間ができています
空間は四角くて狭く、奥は行き止まりです
ピンポ~ン♪ チャイムの音とともに冷蔵庫修理技術者が来宅! すると拙宅猫「とろ」がプラスチックケースの隙間に避難!
えっ? その向き!? 後ずさりして入ったの? ちなみに来客は写真右側、扉(と猫ドア)で仕切られた隣の部屋にいます
後ずさりで入ったようです。しかも上半身隠さずな状態
そ~んなに怖がっていませんが、少し緊張気味?
来客がいる部屋から、猫ドア越しに見てみました。「とろ」は来客を観察中?
「知らない人、まだいるかな……」といった表情
「ん? 知らない人の気配が……消えた?」みたいな
ようやく出てきました。「とろ、後ずさりで隙間に下半身だけ隠れる」の巻でした~♪
[スタパ齋藤]