スタパ齋藤の猫ラボ Vol.78

ワイルドな野生猫の生態などが学べる一冊

[2017/3/17 06:00 | スタパ齋藤]

猫との暮らしに役立つアイテムをアレコレ試したり、写真の撮り方を研究したり、日々の猫たちの行動を観察したり……。この連載では、スタパ齋藤が「飼い主目線」で、猫にも飼い主にとってもうれしいこと、猫とのシアワセな暮らしなどを研究していきます。

猫と暮らしていると、ネコ科動物全体に興味が出てきたりします。たとえば野生のネコ科動物って、イエネコとは違って動きも表情も非常にワイルド。でもイエネコと同じネコ科なので、ときにはイエネコとまったく同じしぐさを見せたりもして、とても興味深いですよね。

そんな興味をお持ちの方に、ちょっとオススメの図鑑があります。データハウスの「野生ネコの百科 第4版」です。「トラからヤマネコまで全38種」のネコ科動物を収録した本で、各種ネコ科動物の生態等々が詳しくわかります。

そして収録されている写真がとてもイイ感じ。どの写真も美しく、また決定的瞬間も多数収められています。ネコ科動物を詳しく知るのに役立つ図鑑ではありますが、写真を眺めているだけで楽しい! カワイイ! そして、けっこー怖い! という感じで楽しめます♪

データハウスの「野生ネコの百科 第4版」。だいたいA5サイズの本(開くとA4サイズくらい)なので、気楽に手に取って楽しめます。もちろんフルカラー。2400円(税別)
世界各地の全38種類のネコ科動物が収録されています
美しい写真が多数収録されており、各ネコ科動物が詳しく紹介されています
ネコ科動物の「カメラ目線」写真がとても多く、その凜々しさ美しさに惹かれます
この図鑑を見ていると、「ネコ科動物はやっぱりハンターなんだ!」ということがあらためてよくわかります
こちらはベンガルヤマネコ。ベンガルヤマネコとイエネコが交配された結果生まれたネコが、後のベンガルの元になったそうです
ネコ科動物の歴史も紹介されているほか、ネコ科動物を見ることができる動物園の情報なども網羅されています
裏表紙までイイ感じ♪
[スタパ齋藤]