Masterpiece 02

脱塩素! ペット・人・環境すべてに優しい天然由来成分100%のエシカルな除菌消臭クリーナー「ソイカーム」

[2021/10/04 6:00 am | 大道剛志]

ペットと暮らしていると、なにかと気になるのが菌やウイルス、そして特有のニオイです。飼い主のみなさんが毎日の掃除に加え、除菌・消臭も欠かさず行っていると耳にします。

例えば、粗相をしてしまった際には単に拭き取るだけでなく、さらにスプレーを吹きかけて2度拭きしたり、定期的にトイレやケージ、食器類やベッドも洗浄だけでなく除菌消臭を徹底しているという人もいます。

コロナ禍で、家にいる時間が増えたことによって、家の汚れやニオイが気になり、掃除や除菌消臭をこまめにするようになったというレポートもあります。

また、新型コロナウイルスで、手洗い・うがいに加えてアルコール(消毒用エタノール)消毒なども日常になりました。もちろん、エタノールをペットに使っている人はいないと思いますが……。

これまで、ペットの除菌消臭スプレーとして一般に出回ってきたのは、「次亜塩素酸水」などの塩素系の化学合成品がほとんどでした。そして、“食品添加物なので安心”とか“ペットが舐めても安全”などという説明がなされてきました。確かに、どれも除菌や消臭には効果が認められた薬剤であることは確かです。

しかし、本当になんの問題もなく安心・安全なのでしょうか? フードやおやつは自然素材で無添加のナチュラルフードを選び、水もミネラルウオーターを与えている人も多いでしょう。でも、除菌消臭剤だけは、なぜか化学合成品を使っている……。それしか選択肢がなかったので仕方ないのかもしれません。

では、塩素系薬剤と同等かそれ以上の効果があって、人にもペットにも“真に”安全な天然由来の成分で作られている除菌消臭剤があったら、飼い主のみなさんはどちらを選択するでしょうか。

それが今回ご紹介する「Soy Calm(ソイカーム)」です。名前のとおり、大豆を主原料にした除菌消臭クリーナーなのです。

主成分は大豆とミネラルと水

「ソイカーム」の主成分は、食用の大豆から抽出した大豆脂肪酸とミネラル、水です。使用している大豆は、サラダ油やマヨネーズの原料などにも使用されている食用のハイグレードな非遺伝子組み換え大豆を使用しています。大豆は、生産者から流通まで徹底した工程管理や監査、トレーサビリティによる「分別生産流通管理」により、最高基準の品質管理を行っています。

この大豆から大豆アレルギーの原因となるタンパク質を除去し、独自のバイオ技術によって大豆肪酸を抽出します。この大豆脂肪酸をナノ技術によって約16㎚(ナノメートル)まで微粒化したものが、「ナノ大豆脂肪酸」です。除菌消臭性能を最大化するために、ミネラル(カリウム)を加えて「ナノ大豆脂肪酸カリウム」となり、最後に純水で調整して完成します。

ナノとは10億分の1の単位で、肉眼はおろか光学顕微鏡でも見ることができず、電子顕微鏡でしか確認できません。ちなみに、インフルエンザウイルスは約100㎚です。「ソイカーム」の主成分である「ナノ大豆脂肪酸」がいかに小さいか驚かれるでしょう。

さらに、合成界面活性剤や合成化合物(人工化合物)といった人体に影響がある物質を一切含んでいないので、ペットだけでなく、子どもやお年寄りのいる家庭でも安心して使えます。

バイオテクノロジーとナノテクノロジーから生まれた「ソイカーム」は、まさに次世代の除菌消臭クリーナーなのです。

「ソイカーム」の除菌消臭力としくみ

純石鹸の主成分である脂肪酸カリウムと同様に、主成分が大豆脂肪酸とカリウムの「ソイカーム」にも界面活性作用があります。さらに、大豆脂肪酸をナノサイズにしたことで、自然運動(ブラウン運動)が起こります。「ソイカーム」の除菌消臭メカニズムは、界面活性作用とブラウン運動の相乗効果によって実現されているのです。

ブラウン運動とは、液体や気体中に浮遊する微粒子(コロイド)が、不規則に運動する現象です。1827年にロバート・ブラウンが発見し、1905年に、アインシュタインによって熱運動する媒質の分子の不規則な衝突によって引き起こされることが示され、原子および分子の存在が明らかになりました。ブラウン運動は、まさに科学史上で重要な意味をもった発見だったのです。

「ソイカーム」具体的な除菌消臭の仕組みは、①素材に、付着(イオン結合)した汚れや菌・ウイルスなどに対して、②ナノ大豆脂肪酸が汚れや菌・ウイルスに取り付き、ブラウン運動の効果で剥離する。③汚れは粉砕され、菌やウイルスは原子を引き抜かれ不活性化しタンパク質になる。さらに、④ナノ大豆脂肪酸が素材の表面にエンベロープ(膜)を形成し、汚れや菌・ウイルスの再付着を防ぐという仕組みです。

「ソイカーム」の除菌消臭の仕組み

「脂肪酸カリウム」の効果は、独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)が公表している「新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価」の文献でも確認することができます。

 経済産業省・厚生労働省・消費者庁は、製品評価技術基盤機構(NITE)、国立感染症研究所、北里研究所などが共同で進めていた「新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価」についての最終報告を発表しました。
 それによると、純石けん分=脂肪酸カリウム(0.24%以上)が有効と判断されました。次亜塩素酸水も有効とされましたが、「汚れ(有機物:手垢、油脂等)をあらかじめ除去すること」という注釈がついています。つまり、脂肪酸カリウムに洗浄効果があるのに対して、次亜塩素酸水にはその効果はないという結論になります。
「ソイカーム」には、約0.5%の脂肪酸カリウムが含まれているので、十分な効果があるといえます。


ちなみに、剥離させるのは菌やウイルスだけではありません。もっと大きな汚れ(例えば油汚れなど)は、ナノ大豆脂肪酸がブランウン運動とアルカリ性の鹸化作用によって物体と汚れの隙間に入り込み、剥離します。剥離された汚れは、微生物により分解処理されるのです。

さらに、ナノ大豆脂肪酸は物体に貼り付き、エンベロープ(膜)を形成し表面をコーティングするという働きをします。この作用によって、細菌やウイルス、汚れが再付着することを防ぎ、さらにカビの再繁殖の防止効果も確認されています。このような抗菌・抗カビ力も、塩素系除菌消臭剤にはない「ソイカーム」の特長でもあります。

「ソイカーム」が、除菌消臭“スプレー”ではなく、除菌消臭“クリーナー”であることがご理解いただけたでしょう。単に除菌消臭するのではなく、洗浄能力と持続性もあるのが、他の製品との圧倒的な優位差になっているのです。

「ソイカーム」と他の薬剤との比較表

高い安全性と環境への配慮

「ソイカーム」は安全性にも配慮しています。天然由来の主成分だけでつくられており、合成界面活性剤を一切含んでいません。

厚生労働省が定める「食品衛生法」の食品、添加物等の洗浄剤規格基準をクリアしているので、野菜や果物など食品の洗浄にも使用されています。また、動物病院でもペットの皮膚疾患の治療や口腔清浄などに活用されています。

昨今のコロナ禍で、アルコール(消毒用エタノール)や塩素系薬剤による消毒が行われていますが、手荒れに困っている人も多いようです。「ソイカーム」は弱アルカリ性で、エンベロープ作用もあるので肌を保護して手荒れを防ぎます。

また、主製品の「ナノ大豆脂肪酸」は、高い安全性が実証されているように、天然系化粧品、ボディーソープやシャンプー、ハンドクリームなど多くの理美容製品にも活用されています。

もちろん、人体だけでなく、モノへの負荷も少なくなっています。弱アルカリ性なので、塩素系薬剤のように金属を腐食することがないため、テレビやパソコンなど電化製品がある場所でも使用することができます。また、帯電防止効果もあるのでホコリなどの付着も防ぎます。

さらに、環境にも優しいことも特筆すべき点です。ヨーロッパは環境意識が高いことで知られています。「EUエコレーベル」認証がついた洗剤を目にすることもあるように、すでに環境負荷の大きい=生分解しない合成界面活性剤の使用が禁止されるなど、有害なケミカル薬剤からバイオ薬剤へのシフトが始まっています。

「ソイカーム」は、約2週間で98%以上を生分解し、自然に還ります。生分解性の高さは国内外で評価されています。これは、2015年の国連サミットで採択された「SDGs(Sustainable Development Goals)」=持続可能な開発目標にも合致しています。「6 安全な水とトイレを世界中に」「14 海の豊かさを守ろう」における水資源の保護と安心・安全な水の供給にも繋がるのです。

健全なブリーダーや獣医師の協力で生まれた自信作

健全なブリーダーは、犬や猫に最大限の愛情を注ぎ、法律で定められた以上の環境で犬や猫を育てています。自然素材を使った無添加フードやサプリメント、残留塩素の少ないミネラルウォーターを与え、温度・湿度を適度に保ち、衛生環境も整えるなど、できる限り犬や猫が快適に、そして幸せに暮らせるために労を惜しません。そんな彼らは、除菌消臭についても、エコロジカルでエシカルなものを選びます。

健全な獣医師も同様です。毎日不特定多数の患者や飼い主が来院するため、院内の衛生環境にはつねに注意を払っています。そして、できる限り犬や猫に負荷の少ないものを選ぶ傾向にあります。

開発においては、科学的なデータだけでなく、使用感などのテストを繰り返しました。最終的に、厳しい目を持つ健全なブリーダーや獣医師に認められたのが「ソイカーム」の除菌消臭クリーナーです。

多頭飼育環境にあるブリーダーや、不特定多数の患者が来院する動物病院でもしっかりした効果を実証し、人やペット、さらには環境にも優しいエシカルな除菌消臭クリーナーを、ぜひみなさんのご家庭でも試してみませんか?

「ソイカーム」除菌消臭クリーナー
主成分:大豆(大豆脂肪酸)ミネラル(カリウム)、純水
内容量:500㎖
価格:1980円(税込)
購入:https://soy-calm.jp/
原産国:日本

[大道剛志]