ペット向けの除菌消臭剤が新登場

「ジョイペットXクレベリン ペットまわりの除菌・消臭ゲル/スプレー」

[2017/2/10 06:00 | 編集部]

ペットを飼っている人ならば、抜け毛・ニオイ・除菌対策は欠かせないもの。掃除機やコロコロクリーナーで入念に掃除をして、空気清浄機や消臭スプレーを使ったり、除菌シートでトイレまわりを拭き掃除したり……。みなさんは、どのような対策をされていますか?

犬猫用シャンプーや消臭剤などのペット用品を扱うジョンソントレーディングと、ラッパのマークの正露丸や衛生管理製品を扱う大幸薬品は、両社の強みを活かして共同開発した「ジョイペットXクレベリン ペットまわりの除菌・消臭ゲル/スプレー」の2製品を3月1日(水)に新発売します。

ペットと暮らす家庭に向けた二酸化塩素を主成分とする除菌消臭剤で、ペットによる部屋のウイルス・菌・ニオイを除去するのが特徴です。空間の除菌・消臭には置き型のゲルタイプ、トイレの粗相など気になるところの除菌・消臭には直接噴霧型のスプレータイプのラインナップで、使用場所に応じて使い分けが可能。

消臭ゲルの使用イメージ
消臭スプレーの使用イメージ

ジョイペットはシャンプーや消臭スプレーなどでご存じの人も多いかと思います。クレベリンは、大幸薬品の二酸化塩素の特許技術によって、溶液・ゲルの状態で二酸化塩素の濃度を長期間一定に保ち、二酸化塩素分子の力で空間と物体の気になるウイルス・菌・ニオイを除去する除菌・消臭製品。

二酸化塩素には強い酸化力があり、ウイルス除去、除菌、消臭、抗カビなどに効果があることが知られており、家庭をはじめ、公共交通機関など幅広い分野での活用が期待されています(二酸化塩素の詳細はこちら)。

それぞれのブランドの強みを活かした「ジョイペットXクレベリン ペットまわりの除菌・消臭ゲル/スプレー」ですが、空間用のゲルタイプは、ペットの嗅覚に対応するため、使用開始時の二酸化塩素の発生量をコントロールした製品設計になっているとのこと。消臭スプレーの量量は285ml、消臭ゲルの使用目安は約1.5カ月(8~10畳)、オープン価格。3月1日(水)より全国のホームセンターやスーパー、ドラッグストアなどで販売されます。

[編集部]