Q:寝たきりになった場合に、床ずれを防ぐにはどうしたらいいでしょうか?

[2016/7/15 16:03 | 編集部]

A:適切なベッドと寝返りケアが大切!

長時間同じ姿勢を続けていると、圧迫された部分の血流が悪くなり、皮膚がめくれたり、炎症が起こったりします。それを床ずれといいます。ひどくなるとその部分が壊死してしまいますので、介護で床ずれを防いであげる必要があります。

床ずれができやすいところは、頬、肩、腰、足首、踵などの骨が出っ張っている部分です。適切なベッドを用意して、床ずれを予防してあげましょう。

  • 身体の大きさに合うサイズ
  • 体圧分散できる高弾発・低反発な素材
  • 抜け毛が付きにくく、掃除がしやすい素材
  • 洗濯ができる素材
  • 夏は通気性がよく、涼しい素材
  • 冬は保温性が高く、体温を逃がさない素材

そして、2時間に1回は寝返りを打たせてあげましょう。皮膚が赤くなる、擦れて毛が薄くなるなどの症状が見られた場合は、かかりつけの動物病院で診てもらいましょう。何より、悪化させないことが大切です。

愛犬に関するお悩み、調べてほしいこと、知りたいことがございましたら、pet-happy-question@impress.co.jp宛 にお送りください。

[編集部]