Q:毛玉ができてしまったときはどうしたらいいでしょうか?

[2016/4/21 16:47 | 編集部]

A:切らずに時間をかけてほぐしましょう。

長毛種は毎日ブラッシングしていても気がつくと毛玉ができていることがあります。耳の後ろ、顎の下、わきの下、お尻周りは毛玉ができやすく要注意です。小さなものはブラシや櫛でほぐれることが多いのですが、大きなものはなかなかほぐれません。ただ、その場合でもハサミで切るのはできるだけ避けてください。なぜなら、毛玉と間違えて皮膚を切ってしまうことが多いのです。大きくなった毛玉でも、端からゆっくりほぐしていけば犬の毛を切らずにきれいに整えることができます。どうしてもほぐれない場合は無理をせず、獣医師やプロのトリマー(ペットの美容師)など、専門家に相談することをオススメします。

[編集部]