Q:爪切りはしたほうがいいのでしょうか?

[2016/4/21 16:40 | 編集部]

A:はい、爪切りはとても大切です。

犬の爪は思っているよりも早く伸びます。散歩の量や歩き方の癖、また小型犬か大型犬かなど犬の体格にも関係するので個体差があります。実は犬の爪切りはとても大切なのです。伸びたままにしておくと折れたり割れたり、肉球に食い込んで化膿したり、カーペットやケージの柵などに引っかかって取れなくなることもあります。

また四肢の爪の長さが違うとバランスを崩し、歩くときに足を痛めてしまうこともあります。小型犬や散歩の頻度が少ない犬は2週間に1度くらい、大型犬や散歩の頻度が多い犬は、1カ月に1度を目安に切ることをオススメします。初めて犬の爪を切る場合はどこまで切ればいいか不安に思うでしょう。また深爪をしてしまうと犬も痛い思いをして、次回は爪切りを見ただけで逃げまわってしまうかもしれません。不安なときは獣医師など専門家に相談をして切ってもらうか、爪を切るところを見せてもらうといいでしょう。

[編集部]