Q:手足は噛まないのですが、家具や建具がボロボロになってしまいました。解決策はありますか?

[2016/4/21 16:35 | 編集部]

A:歯の生え変わりの時期は要注意。

乳歯から永久歯に生え変わる時期はいたずらをたくさんします。この時期に噛んでよいものと噛んではいけないものをしっかりと教えていきましょう。初めはその認識ができません。たとえば、噛んでよいおもちゃと噛んではいけないスリッパを用意して、おもちゃを噛んだら褒める、スリッパを噛んだら無視することを繰り返します。こうして認識させていきます。

家具や建具を噛んだ場合はすぐに叱ります。「ダメ」と噛んだものに子犬の鼻先付け、はっきりとした口調で言いましょう。また噛まれたら困るものは噛めないように対策をしておきましょう。ガードや柵で仕切り、犬が入れないようにします。しつけができたら外していきましょう。大型犬になると被害は膨大です。家具や建具のほか、携帯電話、パソコンのキーボード、充電器、布団、ベッド、本、CD、DVDなど、興味を持ったものをすべて噛んで壊してしまいます。壊されたら困るものは片づけるのが基本ですが、まずはそれらに興味を持つ前に、遊んであげることが大切です。

[編集部]