Q:犬フィラリア症を予防するにはどうしたらいいでしょうか?

[2016/4/21 16:31 | 編集部]

A:月1回の投薬を続けることが大切です。

一番の予防は蚊に刺されないことですがそれには無理があります。蚊に刺されても犬フィラリアの幼虫が心臓や動脈にたどり着く前に駆除できるよう、駆虫薬を飲む方法が一般的です。「蚊の発生時期から1カ月後に飲み始め、いなくなる時期から1カ月後まで、毎月1回飲む」これが鉄則です。期間中は必ず飲ませましょう。蚊の発生時期には地域差がありますので、投薬期間については獣医師に相談するといいでしょう。

[編集部]