Q:フードを選ぶ際にどのようなことに気をつけたらよいでしょうか?

[2016/4/21 16:07 | 編集部]

A:まずは「総合栄養食」表記のフードを。迷ったら相談を。

市販されているフードには「総合栄養食」「一般食」「副食」と表記されたものがあります。一般食と副食はそれだけでは必要な栄養が摂取できないことを意味します。購入されるときは表記を確認して、必要な栄養が含まれたバランスの整った総合栄養食のフードを選ぶといいでしょう。

これはドライフードでもパウチや缶詰に入ったウェットフードでも同じです。安価なものは素材や添加物などに問題があるものがあり、長年食べ続けることで犬の健康に影響が出てくる場合もあります。産地、素材、添加物等をよく確認してから購入するといいでしょう。

犬のフードはたくさんの種類があります。理想的な体型と体重を維持し、必要な栄養素をバランスよく摂取できるフードを選択することは、生涯健康で過ごすために重要なポイントです。多くのフードメーカーは自社のホームページなどで商品の詳細を掲載していますので、気になるフードがあったら調べてみるのもひとつの方法です。 迷ったときには獣医師や子犬の購入先など、専門的な知識のある方に相談することをオススメします。

[編集部]