保温と防虫効果のある高機能ドッグウェアが登場

[2017/10/10 06:00 | 編集部]

ドッグサロンやホテルを運営する「Inu to Town」は、愛犬の体温を31℃前後に保ち、防虫機能も備えた「Winter Warm 31℃」シリーズを10月1日(日)より4店舗(有栖川店、自由が丘店、銀座店、日本橋店)にて販売を開始しました。

体温を保つのは、大和化学工業が持つ特許成分の蓄熱マイクロカプセル加工剤「プレサーモC-31」を生地に練り込んでいるためです。周囲の熱変化によって吸熱と放熱を繰り返して、繊維の表面温度を一定に保つ機能があります。

防虫機能に関しては、「マイクロコロンHYC」という加工剤によります。天然由来成分のため、安全性が高く、人間用のアウトドアウェアにも使われています。

着用イメージ

ラインナップは、ウェア(「25ans(ヴァンサンカン)」とのコラボモデルもあり)とカフェマットで、それぞれ「Passionレッド」「Royalブルー」「Cuteピンク」が用意されています。

Passionレッド
Royalブルー
Cuteピンク

サイズ展開は、SS、S、ST、M、FBM、FBLで、対象は小型犬~中型犬(フレンチブルドッグサイズ)となります。洋服は5500円(税別)からで、カフェマットは7800円(税別)。いずれも日本製となります。

保温機能と防虫効果は、繰り返し洗濯しても変わらないとのことで、いつまでも清潔で使い続けられるのは嬉しいですね。愛犬と一緒に各店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

[編集部]