原材料は「鹿」のみ。ニュージーランド産の愛犬・愛猫用ふりかけ

[2017/8/15 06:00 | 編集部]

イツワ商事は、鹿肉を原材料としたニュージーランド産の愛犬・愛猫用おやつ「dear deer(ディアディア)」から、グレインフリーバランスフード「Meal Booster(ミールブースター)」を発売しました。

「dear deer」は、ニュージーランド産のヒューマングレードの鹿肉を加工した、完全無添加、鹿肉100%のおやつ・フードのブランド。鹿はニュージーランドの大自然の草原で放牧されていて、抗生物質・成長ホルモンなど一切使用していません。

「dear deer」の製品は、ニュージーランド第一次産業省(MPI)の認証を受けた工場で生産されています。ニュージーランドは農業先進国として厳格な管理基準を設けています。MPI認証は最高水準であることの証となるので、安心して与えられます。

鹿肉は、高タンパク、低脂肪、低カロリー、さらに鉄分やドコサヘキサエン酸(DHA)も多く含んでいます。アミノ酸やミネラルバランスにも優れることから、人間だけでなく、ペットにおいても栄養学的に注目されています。赤身・骨・腱・肝臓・骨付き肉など、豊富な16種類のラインナップから、ステージや嗜好性に合わせた商品を選ぶことができます。

新商品の「Meal Booster(ミールブースター)」も、もちろん鹿肉100%で、繋ぎ・材料含め鹿肉以外の原材料は一切使用していません。グレインフリーなのでアレルギーを持つ愛犬・愛猫にも安心です。食欲増進や栄養補助として、日々のフードにふりかけるだけです。

まずは自社のオンラインショップで発売し、順次、九州から北陸地区まで販売店舗を広げていくとのことです。最近、よく鹿肉のフードやおやつを見かけますが、やはり安全・安心なものを選びたいですね。

[編集部]