ペット専門教会が初めてのクリスマス慰霊祭を開催

現在は洋風の納骨堂を建設中

[2017/1/13 06:00 | 編集部]

以前に日本初となるペット専門の教会「フランセス教会」をご紹介しましたが、昨年の12月23日に初となるクリスマスの慰霊祭が開催されました。

司祭によるクリスマスに関する虹の橋の話、聖歌隊によるコーラス、参列者全員による献花、合同納骨された骨を供養する「合祀の儀」、「虹の橋」をテーマにした曲の生歌という内容の式が行われました。また、慰霊祭のあとには近隣の人を招いてのクリスマスコンサートも開催しました。

慰霊祭の動画
クリスマスコンサートの動画

慰霊祭に関しては今後も定期的に開催される予定で、内容もより充実させていくとのこと。また、現在は納骨堂の建設が進んでおり、「天使像」をご本尊とした洋風な納骨堂が2月上旬に完成予定となっています。

「ペット終活のすすめ」の第7回では、「ペットの供養スタイル」についての詳しい記事をお届けしますが、ペット葬について知りたい人はチェックされてはいかがでしょうか。

[編集部]