太鼓判ブリーダー日記Vol.5

玄関から水が流れ出る!? 驚きの原因とは?

[2018/02/19 6:01 am | Cattery Amangroup/阪根美果]

太鼓判ブリーダーが猫たちとの暮らしをご紹介。ほのぼのした日常やブリーダーならではの話など、いろいろな日常をお届けします。今回はメインクーンのブリーダーCattery Amangroup/阪根美果さんです。

数年前、戸建てに住んでいたときの話です。メインクーンは水遊びが好きな猫と知られています。わが家のメインクーンも台所のシンクに上がっては、付着している水滴を触ったりしています。それだけならよいのですが、排水口をいたずらするので、水を溜めるときに使うフタをして外出しました。 数時間して家に戻ると、そこには驚きの光景が! なんと玄関から水が流れ出ているのです。「何で?」と慌てて家の中に入ると、その水はリビングダイニングから流れてきていました。もしやと思い台所に行くと、水道からものすごい勢いで水が出ていて、シンクからあふれ出ています。ギャーツ!! 急いで水を止めましたが、家の中は水浸し。まさかと思い、足元の床下収納の蓋を開けると、焼きのりや麩が袋ごとプカプカと浮いていました。 水を掻き出し、床下収納を取り外すと、その下に見えたのはまるで池。家の床下の土台にまで水が30センチも溜まっていたのです。それから水を汲み出し、復旧に何時間かかったでしょうか。 水道は取っ手を上にあげると水が出るタイプでした。わが家のメインクーンは水が飲みたかったのか、水で遊びたかったのか、自分の頭で水道の取っ手を押し上げてしまったのです。おかげでその月の水道代は4万3580円。重労働+高額の水道代で、本当に参りました。
そのとき、猫たちはどうしていたかって? 全員、箪笥の上に避難して、高見の見物でしたよ。 それからは、排水口にはフタをしないことが、わが家の鉄則になりました。みなさんもお気を付けください。
[Cattery Amangroup/阪根美果]