太鼓判ブリーダー日記Vol.1

猫の恋愛事情、交配相手は選ばせていただきます!!

[2018/01/11 6:00 am | 阪根美果]

太鼓判ブリーダーが猫たちとの暮らしをご紹介。ほのぼのした日常やブリーダーならではの話など、いろいろな日常をお届けします。

猫は犬とは違い、交配の刺激で雌猫が排卵をするので、人工交配などができません。ですから、雌猫の発情期に交配をすることになります。計画繁殖をするために、普段は雄猫と違う部屋で暮らしているので、雌猫に発情がきて2~3日目に雄猫と合わせて交配をするのですが、ブリーダーの考えるペアでの交配ができるとは限らないのです。

なぜかというと、雌猫が相手を選ぶからです。気に入った雄猫であればスリスリと寄っていき交配を受け入れるのですが、気に入らない雄猫は「シャーッ」と威嚇して追い払います。それでも雄猫がしつこく寄ってくるものなら、今度は猫パンチを炸裂します。「好みじゃないのね」と大喧嘩になる前に違う雄猫と一緒にすると、これまで威嚇していたのが嘘のように、雄猫にスリスリと寄っていき交配を受け入れます。完全に交配相手を選んでいます。「あはは、あなたの好みはこの子なのね」と思わず笑ってしまいます。

ただ、いくら気に入った雄猫でもなかなか交配しないときには、雌猫は噛まれている首の部分があまりに痛くて怒り始めてしまいます。また、雌猫がすぐ寝転んで横向きになってしまうと交配ができません。後ろから私が寝転ばないように抑えていることもあるのです。なかなかうまくいかないものです。

それでも、恋愛するなら気に入った相手がよいですよね。

[阪根美果]