東海地区初となるペットメモリアルグッズ専門店がオープン

[2017/2/14 06:00 | 編集部]

「ペット終活のすすめ」でもご紹介しましたが、家族の一員であるペットの供養スタイルも多様化しています。そんなペットのメモリアルグッズ専門店の「ディアペット」が、東京(南青山)、大阪(北堀江)、埼玉(東大宮)に次ぐ4店舗目を名古屋にプレオープン(グランドオープンは2月18日の予定)しました。

「きちんと供養してあげたい」「あの子に感謝の気持ちを伝えたい」「また前を向いて笑顔で生きていくため、何をしたらいいの?」――そんなペットを亡くした飼い主のペット供養を総合的にサポートするのが「ディアペット」。もともとは自社サイトをはじめ、楽天やAmazonなどのショッピングサイトを中心に、メモリアルグッズの販売、ペット霊園や火葬業者への葬祭用品の提供を行っていましたが、実際に商品をじっくり選んでほしいという考えて、リアル店舗を展開しています。

仏壇や仏具、ミニ骨壺、遺骨カプセル、位牌、フォトアルバムなど、さまざまなメモリアルグッズを用意。ピンクやブルーなどのパステルカラーのものを中心に、コンパクトで愛らしいラインナップを取り揃えているのが特徴です。

また、「ディアペットさいたま」では火葬業も行い、ペットを亡くした飼い主向けのアプリ「DEARPET」を開発・運営しています。店舗では、同じようにペットを亡くした経験のあるスタッフがサポートしてくれるそうです。

[編集部]