Q:愛犬の遺骨はどう供養したらいいのでしょうか?

[2016/7/15 16:11 | 編集部]

A:きちんとした決まりや法律はありません。

残念ながら、火葬後にどうするのかは、まだきちんと法律で定められていません。いくつかの選択肢がありますので、自分の考えに合うものを選びましょう。

・ペット霊園のお墓に埋葬する
合同供養塔は他のペットと一緒に埋葬する合同墓地です。遺骨は混合になりますが、費用は無料~数千円と安くなります。

個別墓地は、区画に墓石などを設置して、骨壺ごと埋葬する個別のお墓です。建立に10万円~数十万円、別途に年間の維持管理費がかかるのが一般的です。

・ペット霊園の納骨堂に納骨する
屋内の納骨堂を備えているペット霊園が増えています。棚式やロッカー式などの種類があり、費用も低価格のものから、数十万円するものまでさまざまです。最近では、人と一緒に入れるお墓も出てきています。

・手元供養・自宅供養する
最近では、ペットのメモリアルグッズが増えてきたので、人間と同じようにペット用仏壇や供養棚を用意して供養することが広まってきました。しかし、自宅のスペースの問題やいつまでもこのままではという感覚もあり、四十九日や一周忌などの節目にペット霊園に埋葬・納骨する人も増えています。グッズの費用は1000円~数万円と幅広いので、予算に合ったものを選ぶとよいでしょう。

・海洋葬・山林葬・空中葬などで散骨する
散骨をする場合には、遺骨をパウダー状に細かく砕いて行います。思い出の場所などで散骨を行うことも少しずつ広がっています。散骨は、通常数万円~数十万円かかると言われていますが、その後の費用がかからないのが大きなポイントです。

・そのほかの供養方法
樹木葬やお花畑葬など新しい形のペットの葬儀・供養もでてきました。通常は数万円かかると言われています。管理状態によっては年間管理費などがかかることもあります。

愛犬に関するお悩み、調べてほしいこと、知りたいことがございましたら、pet-happy-question@impress.co.jp宛 にお送りください。

[編集部]