【住スタイルTOKYO2017】犬や猫と暮らす部屋の空気と窓掃除の最適解、北欧発の「セールス・オンデマンド」

[2017/6/19 06:00 | 編集部]

日本最大級の住宅総合展示会「住スタイルTOKYO2017」が東京ビッグサイトで6月8日(木)から11日(日)まで4日間にわたって開催されました。これまでに、、新機能を搭載した網戸や、フローリングのような塩ビタイルの記事をお届けしましたが、今回もおもしろかった製品をいくつかご紹介します。

ペットと生活していると、オーナーさんはどうしてもニオイなど部屋の空気環境を気にしたり悩んだりすることが増えてきます。そんな悩みを解決してくれるのが、スウェーデン発の空気清浄機「Blueair(ブルーエア)」。米国家電協会(AHAM)が定めた、国際基準の指標「CADR(Clean Air Delivery Rate)において世界No.1の力を実証しています。ペトハピで連載中の「愛犬生活プラスワン」の藤山哲人氏もオススメする製品です(参考記事その1その2)。

Blueair

もちろん、実力だけではありません。よくありがちな家電のようなデザインとは一線を画した北欧デザインは、けっして目立つことはないのに、“家の中に置きたくなる”たたずまいで空間に自然に溶け込みます。それがペットオーナーにも人気の所以かもしれません。また、細部にもこだわっていて、スイッチ類はカバーの中にあるので、猫が上部に乗っても誤作動しない構造になっています。

当日説明していただいた方によると、北欧のブルーエアのものづくりは“いいものを長く使う”という発想に基づいているそうです。そのために、フィルターも簡単に取り替えるようにできているとのこと。定期的に交換することで、いつも新品のような性能を取り戻せるのはうれしいですね。

フィルター

もうひとつ興味深かったのが、ロボット窓掃除機「windowmate」です。これは、簡単にいうと窓用のロボット掃除機です。手の届かない高い窓や、落下防止で窓が全開できないマンションなどには便利ですね。説明いただいた方がつけた手垢の汚れもしっかり掃除していたので、猫の手(足)跡なんかもキレイになると思います。

ロボット窓掃除機「windowmate」デモ動画その1
ロボット窓掃除機「windowmate」デモ動画その2
[編集部]