ロイヤルカナンが、プレミアムペットフード「ユーカヌバ」の取り扱いを開始

[2017/7/14 06:00 | 編集部]

いままでマース ジャパンが扱っていたプレミアムペットフード「EUKANUBA(ユーカヌバ)」が、ロイヤルカナンに事業移管され、7月10日(月)より出荷を開始しました。

ユーカヌバは、1969年に、栄養学に基づいて開発されたプレミアムペットフードのブランドです。それから約50年にわたり、ペットのライフステージ、ライフスタイル、活動ニーズに合った栄養バランスを満たすフードを提供してきました。高品質な動物性タンパク質をベースに、最適な栄養状態を維持し、ペットの健康と幸せを増進します。ユーカヌバの名前は、ジャズの世界で“最上位”を意味する言葉に由来しており、栄養学的な観点から“最高”のフードをつくるという創業者の意思が込められています。

「ユーカヌバ」の取り扱いを開始した理由を取材したところ、ロイヤルカナンとユーカヌバは「一頭でも多くの犬と猫に、最善の栄養学的ソリューションを提供する」という、共通のパッション持ち、科学と観察に基づいた革新的な栄養学的ソリューションを提供することで、ヘルスニュートリション・カテゴリーの市場をさらに拡大するとのことです。

また、それぞれの違いについては、ロイヤルカナンの担当者から、以下のようなコメントを得られました。

「ロイヤルカナンもユーカヌバもサイエンスに基づいて、犬の健康を保つために最適な栄養バランスのフードを提供することは共通です。その中でロイヤルカナンは個々の犬の栄養要求に合わせて、アミノ酸のレベルでよりきめ細やかに栄養バランスを調整しています。動物性タンパク質だけでなく、厳選された消化性の高い植物性タンパク質を含むさまざまなタンパク質源をきめ細かく組み合わせ、それぞれの犬に個別の最適な栄養バランスを提供しています」

一方、ユーカヌバでは、犬が活発で元気あふれる毎日の健康を重視した栄養バランスを目指しています。主に動物性タンパク質を使用することで、少ない種類のタンパク質源で、より効率的に愛犬が活発で元気あふれる毎日を送るために必要なアミノ酸バランスを実現しています。

ユーカヌバも国際標準規格(ISO9001、ISO14001)を導入したフランスにあるロイヤルカナン社の工場を中心にして製造され、日本に輸入されるとのことです。

[編集部]