今年の夏は「スーパー猛暑」予想! 愛犬・愛猫の熱中症に気をつけよう

脱水症予防にオススメのペット用浄水給水器

[2017/6/16 06:01 | 編集部]

これからの季節は、人間だけでなく、愛犬や愛猫も夏バテや熱中症に注意が必要となります。しかも今年の夏は「スーパー猛暑」予想となっています。大切や愛犬や愛猫の脱水症予防にオススメなのが、リッチェルの浄水給水器「プレアクア ドッグ ウォーターファウンテン」と「プレアクア キャット ウォーターファウンテン」です。

プレアクア ドッグウォーターファウンテン
超小型犬・小型犬用のSサイズ、小型犬・中型犬用のMサイズの2種類。価格はSサイズが4968円、Mサイズが6264円。いずれも税込価格。製品のサイズや材質などの詳細はこちらをご覧ください
プレアクア キャットウォーターファウンテン
Sサイズ、Mサイズの2種類。価格はSサイズが4968円、Mサイズが6264円。いずれも税込価格。製品のサイズや材質などの詳細はこちらをご覧ください

この浄水給水器は、浄水器ブランド「クリンスイ」(三菱ケミカル・クリンスイ)の高性能浄水カートリッジを備え、人間向け浄水器と同じ厳しい規格をクリアした商品です。

犬猫用どちらも高性能浄水カートリッジ付

商品に同梱される「浄水カートリッジ」は有害5物質を除去し、ペットがおいしくキレイな水を飲むことができます。さらに、別売の「浄軟水カートリッジ」は、有害5物質に加えて、ミネラルも除去するので尿石症が気になる猫にも安心です。

プレアクア独自の浄水性能(Webサイトより)。浄水カートリッジは1728円、浄軟水カートリッジは2160円。いずれも税込価格

気温25度を超えるとペットの熱中症が急増し、7月・8月がピークとなります。病院を訪れた犬の約半数が死亡し、助かっても後遺症が残ったり、重篤になる傾向があるようです。そのためには、脱水症状を防ぐことが大切になります。室内では日光の当たらない涼しい場所に給水器を設置し、いつでも自発的に飲めるようにしてあげることが必要です。

しっかりと水分補給を

電源が入っている間は循環(浄水)し続け、水が湧き出すしくみなので、ペットが水を飲む意欲を促し、飲水量を増やすことが期待できます。首を曲げずに飲める高さ、いたずらをしても倒れにくいスクエア形状、省スペース設計となっているので安心です。

メーカーによると、犬や猫の口には細菌が存在しているので、衛生的に使うためには1日1回のお水の交換を推奨しています。ただし、1日のうちで、少なくなったタイミングで水を注ぎ足すことは問題ないとのこと。

また、浄水カードリッジの交換目安は、毎日使った場合、1カ月となります。カートリッジは人間の浄水器と同じ規格で試験をしており、1カ月間・浄水時間30分で除去率80%以上の性能を保つ試験をクリアしているとのこと。(1日1.6L使用想定)

ちなみに、気になる電気代は、1カ月間フルに使ったとしても、約40円程度になるようです。(1kWh 単価 25円で計算)。キレイでおいしい水を飲んで長生きしてほしい。そんな要望にこたえた浄水給水器です。

プレアクア ウォーターファウンテンの説明動画
[編集部]