賃貸で堂々とペットを飼おう!

[2016/05/13 6:00 am | 編集部]

借主がペット可賃貸住宅で堂々とペットを飼うためには、モラルを遵守しながら生活することがもっとも大切です。それが、借主とペットの楽しく、充実した、幸せな生活へとつながります。

貸主も不動産会社も、ペットを飼うことにおいて何も問題が起こらなければ、ペット可の物件が増え、種類や頭数の制限がなくなることにもつながります。そして、割増の敷金や退去時の追加修繕費という考えもなくなり、物件探しも容易になるでしょう。

では、ペット可賃貸住宅において、借主はどのようなモラルを遵守したらいいのでしょうか? ペトハピでは、必要と思われることを「ペトハピ流 借主のモラル10か条」としました。人とペットの幸せな共生社会の実現を目指し、ペット可賃貸住宅において「ペトハピ流 借主のモラル10か条」の普及活動を積極的に行っていきます。

    ペトハピ流 借主のモラル10か条
  1. つくろうよ ペットと遊ぶ 楽しい時間
  2. 無駄吠えは しつけと工夫で 防げます
  3. 騒音は 対策次第で 快音に
  4. 室内の 破損回避は 初日から
  5. におわない 消臭対策 万全に
  6. 排水口 流せば詰まる ぺットの毛
  7. トイレには 流すべからず ペットの便
  8. 守ろうよ ゴミの分別 きっちりと
  9. 清潔な 環境づくりで 健康維持
  10. 共用部 飼い主みんなで 美しく

1.つくろうよ ペットと遊ぶ 楽しい時間

ペットがストレスを発散できるように、毎日きちんと遊ぶ時間をつくりましょう。その時間はペットのことだけを考え、真剣に遊ぶことが大切です。片手間に遊んでいると、ペットもその気持ちを感じとります。声や身振りで、一緒に楽しみましょう。そうすることで、信頼関係も築けます。ストレスを発散させることで問題行動を減らすことにもつながります。ペットと遊ぶ楽しい時間を毎日つくれば、飼い主にとっても癒しの時間になるはずです。

2.無駄吠えは しつけと工夫で 防げます

犬の無駄吠えは、賃貸住宅では大きなクレームになります。現状では、ペット可であっても防音仕様にしている物件は少ないため、飼い主がしつけと工夫で解決する必要があります。飼い主の留守中や日中に鳴き続けていたり、飼い主が帰宅するたびに鳴いてしまったりと無駄吠えの状況はさまざまです。

犬の無駄吠えを直すコツは、その原因を取り除くことが大切です。我慢をさせるのではなく、犬の気持ちになって原因を考えてみましょう(無駄吠えを直すコツは、犬のQ&Aドッグトレーニングの連載などを参照してください)。

そのほかの工夫としては、ケージなどの場所を窓際や隣の家に隣接する壁側には置かないこと。留守にするときには窓や部屋の扉などは閉めて、鳴き声がなるべく聞こえないようにするなど、できる限りの対策をしましょう。

3.騒音は 対策次第で 快音に

鳴き声のほかにもクレームになるのは、ペットの足音などです。部屋の中ではしゃいで走り回るときもありますので、特に中型犬から大型犬の場合は体重が重い分だけ気になるところです。猫の場合は、キャットタワーなどの高いところから飛び降りたときの音が響くことがあります。それらの対策としては、防音マットや防音カーペットを敷くなどするといいでしょう。

また、金属製のケージを使用している場合、ペットが動くことにより金属音がすることがあります。夜中など静かなときに気になるようなら、金属と金属が当たる部分にクッション性のあるものを挟んでおくと音が鳴るのを防げます。いろいろと工夫してみましょう。

4.室内の 破損回避は 初日から

賃貸住宅である以上、経年変化は別として、原状回復できる範囲で退去するのが基本です。破損などがあった場合、敷金でまかないきれないときは、追加修繕費を支払うことになります。ペットは飼い主が予想しない行動をとる場合があります。

もしものことを想定して、下記を参考に引っ越した初日から破損への対策をしておきましょう。そうすることで、ペットと飼い主のお互いのストレスも軽減できます。そして、退去時に追加修繕費を払うなどの余計な出費をしないで済むことでしょう。

犬の場合は、壁をかじり穴を開ける場合があります。また、マーキングをして汚れることもあります。

猫の場合は、爪研ぎをして壁紙を剥がしたり、マーキングをして汚れたり、ニオイが取れなくなる場合があります(マーキングの改善策は猫のQ&Aを参照してください)。

家具や物を置いて防ぐか、厚みのあるプラスチック製のシートなどで壁を覆って、直接ペットが壁に触れないようにしましょう。

犬の場合は、歯の生え変わりの時期など柱をかじることがあります。子犬を飼う場合には特に要注意です。

猫の場合は、爪研ぎをして傷つける場合があります。柱にカバーをしたり、前に物を置くなどして防ぎましょう。

床の素材により破損の度合いは異なりますが、犬の場合は、犬種により床を掘って穴を開ける場合があります。また、マーキングを同じ場所にすることで床が腐ることもあります(マーキングの改善策は犬のQ&Aを参照してください)。

猫の場合は、床にスプレーをすることで、ニオイが取れなくなったり、床が腐ることがあります。防水性のあるカーペットなどを敷いて防ぎましょう。

畳の部屋には、基本的にペット入室不可にしておいたほうがいいでしょう。

犬の場合は、穴を掘ることがあります。

猫の場合は、確実に畳で爪研ぎをします。マーキングやスプレーをすると拭き取ることができず、確実に畳に染み込みますので、取り換えるしかありません。

もし、入室させるなら、畳の上に防水性のあるカーペットなどを敷いて防ぎましょう。

網戸

犬の場合は、外に出たい衝動で破ってしまったり、寄りかかっていて体重の重さで網戸の端が抜けてしまうことがあります。中型犬や大型犬は注意が必要です。

猫の場合は、網戸に登って穴を開けたり破ってしまうことがあります。窓を開ける場合は数センチ程度にするか、ガードを置くなどして防ぎましょう。

襖、障子

犬の場合は、マーキングに注意が必要です。

猫の場合は、マーキングのほかに、障子を潜り抜けて穴を開け次々に穴を開けていきます。

襖や障子はガードが難しいので、初めからはずしてしまうのもひとつの方法でしょう。

5.におわない 消臭対策 万全に

ペットの排せつ物のニオイは大きなクレームになります。ペットの糞尿や汚れたペットシーツなどは、ビニール袋に入れ、口はしっかりと結びます。さらに、ビニール袋に入れ二重にします。そして、ゴミの収集日までは、蓋のあるゴミ箱に入れておきます。

特に夏場はニオイが出やすく、虫も寄ってきます。蓋の裏に防虫シートを貼るなど、防虫対策もしておきましょう。また、お部屋の中などは消臭剤や脱臭機などでニオイを取るようにしましょう

6.排水口 流せば詰まる ぺットの毛

台所や洗面台、お風呂など、ペットの毛が流れないように、すべての排水口にネットなどを取り付けましょう

また、ベランダに排水口があれば、そこにも取り付けましょう。もし、ベランダでブラッシングなどをしている場合はすぐにやめましょう。排水口が詰まるだけでなく、ほかの部屋にも毛が飛び散る可能性があります。

溜まった毛は、ゴミとしてゴミ箱に捨てます。排水管が詰まることで、ほかの住人に迷惑をかけることになりますので、十分に気を付けましょう。

7.トイレには 流すべからず ペットの便

ペットの排泄物は、トイレには流さないようにしましょう。特に、猫の便は毛などが含まれているため詰まる原因になります。

また、最近はトイレに流せる猫砂などもありますが、節水トイレの場合は水量が少ないため、配水管が詰まる場合があります。十分に気を付けましょう。

8.守ろうよ ゴミの分別 きっちりと

きちんとゴミを分別して、指定日時に出すようにしましょう。ペットのゴミはニオイが出るものもあるので、ルールを守らないとほかの住人に迷惑をかけることになります。特にニオイが出そうなものは、きちんと密封して捨てるようにしましょう。

9.清潔な 環境づくりで 健康維持

ペットとの幸せな生活は、飼い主もペットも健康でなければ続きません。健康を維持するためには、まずは清潔な環境をつくることが大切です。清掃と整理整頓は日々欠かさず、必要であれば消毒をし、環境を整えましょう

10.共用部 飼い主みんなで 美しく

ペット可賃貸住宅では、飼い主みんなで共用部を美しく保つ必要があります。ゴミが落ちていたり、ペットの毛が溜まっていたりしたときには、率先して掃除をするようにしましょう。それは室内の環境づくりと同じです。ほかの住人のお手本となるべく、飼い主としてできる限りのことをしていきましょう。

[編集部]