謹賀新年

[2019/01/01 6:00 am | 「ペトハピ」編集長 國久豊史]

 新年あけましておめでとうございます。


2019年は亥年ですね。この「亥」というのは、十二支の12番目にくるものです。また、十干では「己」にあたり、 干支では「己亥(つちのとい)」といいます。

「干」も「支」も、それぞれに木・火・土・金・水と5種の基本要素をあてています。これを五行思想といいます。「己」は「土」、「亥」は「水」で相剋(土剋水)となります。相剋とは、相手を打ち滅ぼして行く陰の関係とされています。土剋水(どこくすい)とは、土は水を濁す。また、土は水を吸い取り、つねに溢れようとする水を堤防や土塁等でせき止める。という意味になります。

「己」は、十干の中で6番目にあたり、最も柔軟なものであり、さまざまな物事をスムーズに展開させるエネルギーを内蔵しています。植物が充分に生長し、形が整然としている状態を指します。陽明学者・思想家の安岡 正篤によると、「己」は、糸のもつれを正して規律を正すという漢字で、前年の「戊戌」で茂りに茂った諸々を解消して筋を通さなくてはならないと言っています。

「亥」は十二支の最後で、生命が収蔵された核を意味し、次のサイクルに向けて力を蓄えている状態です。そしてそれは、猪突猛進と言われるように、強く直進的なエネルギーなのです。

では「己亥」はどんな年なのでしょうか。

「己亥」は、前年の繁茂によってたまったエネルギーがピークに達している状態です。筋道を通し、規律を正して、その爆発的なエネルギーを次なる発展へとつなげる年とも言えそうです。

今年は4月30日に天皇陛下が退位され、5月1日に皇太子さまが新天皇に即位され元号も平成から、新しいものに変わります。私たちペット業界でも動物愛護法が改正される年になりそうです。そして、来年の2020年は子年という新しいサイクルに入り、東京オリンピックも開催されます。それに向けて、真摯に準備していきたいですね。

ペトハピは、「ペットと人が幸せに暮らすため」の情報を発信しています。今年は、さらに、よりよい共生を実現するために、私たちが自分でできること主眼に、引き続き「ペットの終活」、そして新たに同行避難の啓蒙活動にも力を入れていきます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

[「ペトハピ」編集長 國久豊史]