ムダ吠えや興奮を静めるグッズ「ぶるぴた」が発売開始

[2017/10/4 06:00 | 編集部]

国産にこだわった調理器具、食器、食品などのオンライン販売などを手がける前田家は、愛犬のトリミングやしつけに役立つ「ぶるぴた」の販売を開始しました。

「ぶるぴた」は、公認トリマー教師で関東動物専門学院および九州動物学院の学院長などを務める大山田 真美氏が中心となり、多くの獣医師やトレーナー、トリマーが参加する「ぶるぴた研究グループ」によって、研究開発から効果検証を行っています。犬のマウンティング行動から発見したツボを刺激することで興奮をおさえ、ムダ吠えを抑制したり、しつけがしやすくなります。

開発のきっかけになったのは、「トリミングや爪切りのときに落ち着きがなく暴れる」「知らない人に吠える」「いったん興奮するとなかなかおさまらない」といった悩みを解決したいという思いでした。今まで多くの犬たちに触ることで、新しいツボを発見したことがきっかけとなりました。ツボを押すことで、犬たちの表情が変わり、穏やかになるとのことです。

大山田氏によると、首下肩甲骨のツボは、親が子犬のしつけをする際に刺激するツボで、早期に親から離された犬の多くは首下肩甲骨のツボの刺激がされていないことから、首を触られるのを極端に嫌がるといいます。その結果、興奮、噛みつき、唸り、自身が犬だということを自覚できないなどの問題が後を絶たないということになるようです。

また、親犬は人と暮らすためのルール(上下関係)を子犬に約4カ月かけて教え込みます。

「現在、50日程度で犬の販売を行うことで、親の教育を受けていない犬たちが、どうしてよいか困っているのが現状です。4カ月間親犬が面倒をみることで子犬は穏やかになり、人が飼いやすい状態へと導きます。このルールが守られれば「ぶるぴた」は必要ありません」とも話してくれました。

「ぶるぴた」は、犬のからだやお腹を圧迫しないよう計算された曲線の形状や強さなど、安全面にも配慮されています。また、簡単に装着することができます。価格は4980円(税別)。日本製で説明書には使い方動画DVDが付属します。

なお、現状は小型犬が対象となりますが、中・大型用についても予定しているとのこと。今後はカラーバリエーションも増やしていくようです。

こうしたエビデンスに基づいた商品は、ユーザーとしても安心して使えます。活発すぎる犬には嬉しい商品ですね。

[編集部]