獣医師が皮膚や耳に関する情報を提供する「ペットのひふ科」がスタート

[2017/7/24 06:00 | 編集部]

皮膚科・耳科を専門とする獣医師が自ら執筆し、飼い主に役立つ情報を提供する「ペットのひふ科」がスタートしました。

皮膚や耳に関する疾病は、動物病院への来院理由でもっとも多く、全体の診察件数の約40%を占めると言われています。その一方で、獣医師はヒトの医療現場とは異なり、ひとりですべての科を診察する必要があるため、皮膚科や耳科に関する詳しい知識を持っていないことが多いという現状があるようです。

さらに、皮膚や耳の病気は一生付き合っていくケースが多いうえ、治療にはシャンプーや食事内容など、飼い主の協力を必要とすることが多く、飼い主も正しい情報を持つことが必要不可欠です。

運営するのは、皮膚科・耳科の高度医療を提供するVDT。病院を持たず、全国津々浦々の契約病院に出張して皮膚科診察を行っています。専門医の知見が活かされた「ペットのひふ科」はもっとも信頼できる情報源で、専門医のいない動物病院へ通う飼い主の強い味方になることでしょう。

[編集部]