絵画や写真など6ジャンル・約1000点の「猫アート」が大集合

「福ねこat百段階段」が4月26日からホテル雅叙園東京で開催

[2017/4/17 06:00 | 編集部]

ホテル雅叙園東京は、4月26日(水)から5月14日(日)まで、「福ねこat百段階段」展~和室で楽しむ ねこアートを館内・東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催します。

もりわじん「薬涅槃猫」

空前の猫ブームが到来していますが、猫は奈良時代に日本に伝わり、平安時代には貴族の寵愛を受けてきました。そして、江戸時代には庶民の身近な存在となり、浮世絵などのアートに登場するようになった猫。

「福ねこat百段階段」展では、文化財を舞台に独創性と技量に富んだ9名のアーティストによる6つのジャンルの猫アート(絵画、立体、陶芸、人形、彫刻、写真)が約1000点集合します。

日本で初めて猫を神仏像にした猫アーティストによる招き猫、近年話題の浮世絵師・歌川国芳の作品「猫飼好五十三疋」に描かれている53匹の猫を完全再現した立体作品、和紙の中に物語の猫を表現する切り絵、「人間に媚びない猫」を独特の技法で描き上げた日本画など、さまざまな表現で描かれた猫の姿を楽しむことができます。

小澤康麿「猫飼好五十三疋“ばけあま”」
松風直美「きりえ 波山猫又之図」
川上けいすけ「屏風 三匹の猫 三匹の猫」
石黒亜矢子「鬼子母猫百号」
写真家 アクセント
彫刻家 はしもとみお
もりわじん 作品
石渡いくよ「語り部 琵琶法師」
小澤康麿 作品
写真家 アクセント

また、通常は撮影NG(一部企画展除く)となる文化財・百段階段にて、撮影が全室可能となっています。愛らしい猫たちの姿と、昭和の名画や大工の名工が揃う百段階段の様子を写真に残すことができます。

百段階段「漢方の間」
百段階段「漁樵の間」

猫好きの人は、ゴールデンウェークの予定に追加してはいかがでしょうか。

「福ねこat百段階段」展~和室で楽しむ ねこアート~
開催期間:2017年4月26日(水)~5月14日(日) ※会期中無休
開催時間:10:00~18:00 ※最終入館17:30
入場料:当日1500円、前売1200円、 館内前売1000円(前売・館内前売の販売は4月25日まで)、学生800円※要学生証呈示、小学生以下無料
会場:ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」
問合せ:03-5434-3140(10:00~18:00 イベント企画)
主催:ホテル雅叙園東京

[編集部]